ホームページをデザインする「webデザイナー」

カテゴリ一覧

Webデザイナー

Webデザイナー

ホームページをデザイン!

インターネット時代の到来で、人気も需要も一躍トップクラスに躍り出たのがWebデザイナーのお仕事。まだまだ歴史が浅いこの職種は独学でスキルを身につけ、フリーランスで活躍するデザイナーも多く、今後もニーズが見込めるので将来性も見込める職種です。
WebサイトをつくるのがWebデザイナーのお仕事。そう、今あなたが見ているこのページも、Webデザイナーがつくっているのです。Webデザイナーは、企業などクライアントの要望に合わせて、要求に合うようなWebサイトをつくりあげていきます。
背景の色、文字の大きさ、バナーや写真の配置などを考え、サイトのデザインイメージをつくり、さらにそのデザインをインターネット上でWebサイトとしてちゃんと閲覧できるようにHTMLファイルにおこします(この作業をコーディングといいます)。さらにJavaスクリプトなどの言語を使ってプログラムを動かす必要もあります。

得意分野も人それぞれ。分業制のWebデザイン

プログラムを動かすという時点でちょっと挫折しそうになった方もいるのでは?でも、大丈夫!広義でいうWEBデザイナーのお仕事内容は、先述のとおり幅広い分野にまたがりますので、複数人で分業してひとつのサイトをつくりあげるケースも多いのです。分業の区切りはたいていの場合、レイアウトや配色など見た目の部分を担当するデザイナー、そのデザインを基にコーディングするコーダー、システムやプログラムを担当する技術者にわかれます。全体を統率してまとめあげる人をWebディレクターといいます。

時代の流れを敏感にキャッチ!

歴史が浅く、次々に流行や新しい技術がうまれているWeb業界では、常に新しい技術や流行のデザイン・手法をキャッチして取り入れていくアンテナと対応力を求められます。スマートフォン市場が急速拡大すれば、スマートフォン用のWebデザイン手法も身につけて柔軟かつ迅速に対応していかなければならないのです。一度おぼえたら終わりではなく、時代に乗り遅れないよう情報収集と勉強が必要です。

おすすめ記事ピックアップ
SE・システムエンジニア

システム全体の設計書をつくるSE・システムエンジニアのお仕事現場をのぞいてみましょう!プログラミングにとどまらず、ネットワーク、ハードウェアなど、システムにまつわるあらゆる知識が必要になるSE・システムエンジニアは、情報システムの専門家!スキルアップしてプロフェッショナルになれば、企業とコンサルティング契約を結ぶなど、フリーランスで高収入も!

ウェブライター・ブログライター

自宅であいた時間にできて、高度な技術スキルを要せず、気軽に始められることから、家事や育児に忙しい主婦や子育て中のママさんにも人気の、Webライター・ブログライターのお仕事をご紹介!健康、美容、経済、ビジネス、スポーツなど、ありとあらゆるテーマに沿って記事を書いていくお仕事です。趣味や得意なことを活かせるのも人気の理由。

仕事がないときはマッチングサイトを活用

他人に時間を拘束されずに仕事の進捗と時間を自分で管理できるフリーランスですが、定期的に安定した収入を確保できないのが一番のデメリット。忙しいときと仕事がないときの波があり、仕事をとれなければ収入がゼロになるリスクも。そんなフリーランスにとって便利なサービスがマッチングサイトです!積極的に有効活用して、収入を安定させましょう!