出版物やチラシのデザインをする「DTPグラフィックデザイナー」

カテゴリ一覧

DTPグラフィックデザイナー

DTPグラフィックデザイナー

DTPデザイナーとは?

ネット上のデザインをつくるWebデザイナーに対し、パソコンを使って紙媒体のデザインをつくるのがDTPデザイナー。出版物やチラシなどの紙面を、写真やイラスト等を見やすく、かつセンスよく、レイアウトしてデザインするお仕事です。デザインの対象は紙面ですが、デザイン作業自体はパソコンを駆使するため、PCスキルは必要です。Wordなどで作るデータとは違い、印刷するための様々なルールに従ってデザインデータを作成します。DTPデザイナーもフリーランスで活躍したい人に根強い人気の職業です。

DTPも分業できます!

DTPも、細かくわけるとDTPデザイナーとDTPオペレーターに分けることができます。DTPオペレーターとは、DTPデザイナーが作成したデザインを、印刷機が識別できるデータに仕上げることを主な業務として担当する人のことをいいます。これに対し、DTPデザイナーは、ゼロからデザインをおこす人で、時にはDTPオペレーターに指示を出したり、クライアントとの打ち合わせやコンペなどにも参加します。

DTPデザイナー現場の必須ソフト

現在の印刷業界では、デファクトスタンダードとしてadobe Illustrator(アドビーイラストレーター)というソフトウェアを使用して、印刷入稿用データを作成しています。DTPデザイナーを目指すならadobe Illustratorを使いこなせるようになることが必須条件。また、DTPデザインをする上で、紙面で使う写真を加工する場面もしばしば出てきます。写真の加工には主に、adobe Photoshop(アドビーフォトショップ)を使います。Illustrator と PhotoshopはDTPデザイナーのお仕事道具です。

おすすめ記事ピックアップ
SE・システムエンジニア

システム全体の設計書をつくるSE・システムエンジニアのお仕事現場をのぞいてみましょう!プログラミングにとどまらず、ネットワーク、ハードウェアなど、システムにまつわるあらゆる知識が必要になるSE・システムエンジニアは、情報システムの専門家!スキルアップしてプロフェッショナルになれば、企業とコンサルティング契約を結ぶなど、フリーランスで高収入も!

ウェブライター・ブログライター

自宅であいた時間にできて、高度な技術スキルを要せず、気軽に始められることから、家事や育児に忙しい主婦や子育て中のママさんにも人気の、Webライター・ブログライターのお仕事をご紹介!健康、美容、経済、ビジネス、スポーツなど、ありとあらゆるテーマに沿って記事を書いていくお仕事です。趣味や得意なことを活かせるのも人気の理由。

仕事がないときはマッチングサイトを活用

他人に時間を拘束されずに仕事の進捗と時間を自分で管理できるフリーランスですが、定期的に安定した収入を確保できないのが一番のデメリット。忙しいときと仕事がないときの波があり、仕事をとれなければ収入がゼロになるリスクも。そんなフリーランスにとって便利なサービスがマッチングサイトです!積極的に有効活用して、収入を安定させましょう!